会社がない!

目が覚めたら、会社がなくなっていた。その世界は、幸せか不幸せか?

息子の夢

「そろそろ、ミノルが帰ってくるころね」

妻は腕まくりをしながら言った。

 

「そうね」

長女も続いて腕まくりをする。

そして彼女らは、夕食の支度を再開した。

 

ミノルとは、小学三年生になる長男である。

家で読書やゲームをするより、外で遊ぶのが大好きな腕白小僧だ。

 

なのに、将来の夢は小説家だそうだ。

理由をたずねたら、「だって、小説家なら会社に行かなくていいじゃん」と答えた。

 

会社に行きたくないわけも訊いてみたら、「だって、サラリーマンって、つまらなさそうだから」と、本当に嫌そうな顔で答えた。

 

どうやら、彼がサラリーマンを嫌う原因は、日々遅くまで仕事をして、疲れ果てた顔で帰ってくる私にあるようだ。

 

「でも小説家なら、自分で自由に働く時間を選べるでしょ。そうすれば、昼間たっぷり遊べるじゃん。そんでさ夕食を食べた後、ちょこちょこと仕事をすればいいから、断然小説家のほうがステキだよ」と、知ったような口をきく。

 

「そんなことあるもんか」と私が反論すると、息子は新聞をもってきて、そこに掲載されている小説を見せ、「だって、一日にこれっぽっち書けばいいんだよ。楽勝じゃん」と返してきた。

 

遊び疲れて帰ってきて、夕食を食べれば、宿題をする気も失せる毎日を送っているくせによく言うものだ。

 

勉強嫌いで、水商売みたいな仕事にあこがれる一人息子の将来が私は心配でならない。

そろそろ学習塾に通わせようかとも思っているが、一家の主である私が無職となった今、我が家にそんな余裕があるかと思うと、陰鬱な気分になる。

貧困家庭の子供が増えているというニュースを他人事のように聞いていたが、まさか他人事でなくなるとは…。

と、深いため息をついていると、大きな音をたててドアが閉められ、ドタドタとこちらに向かってくる足音が聞こえてきた。

 

「噂をすれば、我が家のプリンスの登場ね」

妻はクスリと笑い、熱したフライパンにステーキ肉をのせた。

 

〈続き〉

前へ

あらすじを読む 

最初から読む