会社がない!

目が覚めたら、会社がなくなっていた。その世界は、幸せか不幸せか?

契約雇用に未来あり?

「なに落ち込んでいるんだよ」

弟は、契約雇用の身分に落ちた私を不可解そうな表情で見る。

 

「落ち込むにきまっているだろ」私は吐き捨てるように言う。「明日が保証されない身分になっちまったんだから」

 

「アニキは、とことんマイナス思考だな」弟は笑い飛ばす。「3年毎に契約が切れるから、いいんじゃないか。それを機に、自分の好きな道やステップアップにチャレンジできるんだから」

 

「オマエってやつは、とことん極楽とんぼだな」

私は、その言葉とは真逆の転落人生を歩む弟を冷ややかに見て、深い溜め息をつく。

 

能力を活かせる仕事も高い給与も与えられない契約雇用に、明るい未来なんてあるもんか…。

私の脳裏に、自分の下で働いていた派遣社員の陰鬱な顔が浮かぶ

 

「ウォーッ。オレはこれからどうやって家族を養っていけばいいんだ!」

絶望のあまり、私は頭の髪の毛をかきむしる。

 

「どうしたの、大きな声を出して」

階段をあがってきた妻が私達のほうへ駆け寄る。

 

「わけわからないよ」弟は困り顔で両手をあげる。「アニキ、オレが結婚していることも、契約で働いていることも忘れちゃっているし、どうしちゃったの?」

 

「ごめんなさいね」妻は頭を下げながら、弟の耳元で囁く。「ちょっと、一時的に認知機能がおかしくなっているようなの」

 

「エッ、そうなの」

小声で驚く弟の声。

 

「だから、今日はこのへんで」

申し訳なさそうな表情で、両手を合わせる妻。

 

「わかった。お大事に」

静かな笑顔で踵を返し、足音もたてずに去っていく弟。

 

パニック状態で荒い息を吐きながら見るその光景は、陽炎のごとく揺れていた。

 

前へ

次へ

最初から読む