会社がない!

目が覚めたら、会社がなくなっていた。その世界は、幸せか不幸せか?

驚異の急成長

「なぁ〜んだ。アナタが書いてほしかったバラって、アレなの」妻は鉢植えのバラを一瞥して、つまらなそうに笑った。「なぁ〜んか、平凡」

 

「平凡とは、なんだ」私はムッとして答える。「バラといったら、ふつうアレだろ」

 

バラをイメージしろと言われれば、誰だって植物のバラを思い浮かべるはずだ。

それを平凡だと酷評するほうがおかしい。

 

「でもそんな誰でもわかるものじゃ、テストにならないじゃない」

 

わけのわからないことを言う女だ。

やっぱりコイツの頭、ちょっと狂ってきている。

意味のない問答に時間を費やしている場合じゃない。

出勤時刻も迫っている。

一刻も早くテストで妻の脳の状態を診て、会社を休むかどうか決断せねば、遅刻になってしまう。

 

「いいから書くんだ!」

私は気が急いて、口からツバを飛ばす勢いで怒鳴った。

 

妻は不服そうに頬をふくらませたが、再びペンをとると、それをサラサラと紙面に走らせる。

そして事も無げに書きあげると、私にそれを見せた。

「これでいい?」

 f:id:mouzeze:20170723070014j:plain

 「うっ…」

私は言葉につまった。

 

妻の答えが正解だったからではない。

正解がわからないから、どう応えていいかわからなくなってしまったからだ。

 

スマホで調べてみるか…

いや、それでは自分が正解を知らないことがバレてしまう。

 

それにしてもアイツ、こんなに漢字に強かったっけ…。

 

パソコンを使うようになり手書きで字を書く機会が減ったせいで、ずいぶん漢字を忘れてしまったが、それでも漢字を書く能力は妻に負けない絶対的な自信がある。

クイズ番組でも、私のほうが圧倒的に正解率が高かったからだ。

 

妻は、週刊誌のゴシップ記事を拾い読みするぐらいで、一年に一冊の本も読みあげない。

そんな人間が難易度の超高いバラという字をたやすく書くなんて(もしこれが正解だったらの話だが)…。

私はにわかに信じられなかった。

 

前へ

 次へ

最初から読む